著者紹介


鍋 潤太郎 映像ジャーナリスト  ロサンゼルス/米国在住

 

雑誌「CGWORLD」にて海外で活躍する日本人アーティストを紹介する好評連載「海外で働く」シリーズを随筆する他、「映像新聞」「PRONEWS」でもハリウッドのビジネス・ニュースをいち早くレポートしている。著書に「ハリウッドVFX業界就職の手引き」、「海外で働く日本人クリエイター」(ボーンデジタル刊)等がある。また、ハリウッドVFX業界情報をお届けする情報ブログ「鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス」も好評配信中!自らもハリウッドの著名VFXスタジオでデジタル・アーティストとして勤務し、大作映画のVFXを手掛け多忙な日々を送っている。 

 

 

 

 

 

 

 

溝口 稔和 キャリア・アドバイザー、英会話コーチ/カナダ・バンクーバー在住

 

 

ツイッターによる情報発信中 https://twitter.com/ToshiMizoguchi

 慶応義塾大学 文学部を卒業後、1992年に渡米。ロサンゼルス・シティカレッジ(LACC)にて映画制作を専攻。90年代後半には米国ロサンゼルス、カナダのトロントにおいて、日系CGプロダクションのゼネラル・マネージャー&プロデューサーとして活躍。東京ジョイポリスの人気3Dアトラクション「アクアノーバ」、「鉄拳3」「サイレントボマー」「トバル2」等のゲーム・ムービーや、大手シェーバー・ブランド「ブラウン」、タバコ「KENT」等のTVコマーシャルを担当した経歴を持つ。

 

2011年には映画『はやぶさ 遥かなる帰還』 (2012年2月11日全国ロードショー / 主演:渡辺 謙  監督:瀧本智行 VFXスーパーバイザー:野口光一)において、バンクーバーVFX ユニットのVFXコーディネーターを務めた。

 

2012 年には経済産業省による平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備事業(コンテンツ制作基盤整備事業)調査報告書のコーディネート、執筆を担当。その成果は「海外VFX業界動向BLUEBOOK」でも紹介されている。また、2015年1月には、米サンタモニカで開催されたアメリカン・フィルム・マーケットの視察レポートを、映像新聞に2回に渡って掲載した。

 

現在はカナダのバンクーバーにて、キャリア・アドバイザー、英会話コーチとしても活躍中。2016年には東京のデジタルハリウッド大学を会場に外国人講師を招いた実践VFX英会話セミナーを実施、好評を博した。